PRESIDENT

interview

PRESIDENT代表挨拶

代表取締役社長 澤 敏光

代表取締役社長 澤 敏光

鹿児島県奄美大島喜界島出身。陸上自衛隊で働いた後、20歳で大阪へ。23歳のとき、日商エステムに入社。創業者からの熱心な指導により、34歳で東京日商エステムを立ち上げ、代表取締役社長に就任した。忙しい毎日にも関わらず、体調管理として、毎朝、皇居のまわりをジョギングで1周。それだけに留まらず、その後、ジムで1キロ泳いでから出勤している。

休日には、海釣りやゴルフ、スキーなどを楽しんだり、がんばった社員を連れてミシュランのお店でおいしい料理を嗜んだりしながら、心身ともにリフレッシュする時間にあてている。

東京日商エステム
代表取締役社長インタビュー

Best in the industry
業界で一番、社員の成長を、
幸せを想う会社です。

新卒社員の育成こそ、
ビジネスの成功につながる。

オリジナルブランドマンションを扱う東京日商エステムは、居住用ファミリーマンションと投資用コンパクトマンションの2つの軸で展開する不動産総合デベロッパーです。この会社を立ち上げたのは、私が34歳のときのこと。日商エステムグループのなかでも、東京という大都市圏のマーケットを牽引する存在として、今年で創業14年目を迎えました。

振り返ってみると、創業から10年間で、企業としての基礎体力や人材育成力をしっかりと高めることができました。特に、新卒から入社して活躍している社員も多く、彼らの若さあふれる推進力は、当社の組織に確実に良い影響を与えています。そして何より、想像以上のスピードで成長していただけることも、この13年間で実感しました。

リーダーとして、組織長として、会社を引っ張ることのできる人材も充実してきたため、昨年からは創業期の次のステップである発展期と位置づけ、事業拡大とさらなる人材育成に注力しています。そして、昨年の売上は160億円に。8年後には売上を約2倍の300億円まで成長させ、社員数も現在の100名から200名規模に拡大していく予定です。
さらには、みなさんが40歳になった頃には、売上500億円、社員数300名という規模感へ。この夢を一緒に実現するためにも、新卒のみなさんを採用し続けていきたいと考えています。みなさんのなかからも、当社の重要な役職に就く人がどんどん現れ、未来の東京日商エステムを牽引していただけることを期待しています。

日本一の情熱に満ちた教育を。
一人ひとりの可能性を信じています。

みなさんはパレートの法則をご存知でしょうか。「二八の法則」とも言われますが、何かグループや集団を構成したとき、自然と「優秀な人が2割、普通の人が8割」という割合になるという法則です。本当に、どんな企業や組織にも当てはまります。そのなかで、上位20%の人材に対しての育成に力を注ぐべきだという企業が多く存在しますが、東京日商エステムでは、80%の普通の人をいかに上位20%の人材に育てることができるだろうか、という考え方を取り入れています。

会社が成長し続けていくためには、この育成力こそがキーポイントだと思っています。そのために、マネージャーやリーダーたちは、これまで自分たちが積み上げてきた知識やノウハウを、メンバーに惜しみなく伝えながら、育成・指導に励んでいます。
また、今の環境で芽が出ない場合や上司との相性が合わない場合は、適性と本人の希望に合わせて、所属組織を変更することもあります。1年や2年で結果を出してください、とは言いません。5年から10年というキャリアを重ねていくなかで、上位20%の力を有した人材になって活躍できるように指導すること。それが私たちの人材育成です。

ただし、みなさんが受け身の姿勢では、成長することができません。「三つ子の魂百まで」という言葉がありますが、社会人になってからの3年間に、どれだけ努力をする姿勢をつくることができるかが大切です。ビジネスの根幹となる謙虚さや探究心、向上心を持ちながら、上司のアドバイスをしっかりと聞いて行動することができれば、必ず実績はついてきます。役職が上がれば、権限はもちろん給与も増えていき、仕事がどんどんおもしろくなっていくはずです。誰にでも無限の可能性があり、だれもがヒーローになれる。結果が出るまで育て切ることこそ、私の揺るぎない信念です。

社員の幸せを願うからこそ、
働き甲斐のある会社へ。

就職活動をしている多くの方から、東京日商エステムの給与や待遇の高さに驚いたという声をいただきます。「新卒入社1年目から、どうしてこんなに高い給与なんですか」と。シンプルな回答としては、この仕事が難しい仕事だからです。簡単な仕事は給与が安い、難しい仕事は、給与が高い。シンプルではありませんか。

ただし、難しいとはいっても、当社にいる社員も、特別な人間ではありません。着実に、勉強さえ続けていくことで、誰でもできるようになる仕事です。不動産全般の知識から始まり、税金や保険、年金、金融商品の知識を学びます。お客様とともにライフプランを作成していくコンサルティング営業ですので、やる気だけではお客様のご要望にお応えすることができません。大切なのは、知識です。豊富な知識さえあれば、あとはお客様と心から向き合い、お話ししていくことだけです。

だからこそ、3年は腰を据えて勉強し続けてください。その勉強期間も踏まえて、5年から10年後にきっと活躍してくれることを信じて、最初から好待遇で迎えているのです。社員が成長して結果を残せば、会社の売上も伸び、利益も増えます。そして、みんなでつくりあげた成果は、しっかりと社員に還元する制度も整えてきました。
ボーナスは年2回に加え、2月には決算賞与もあります。なかには、年収2000万円~3000万円も稼いでいる社員も存在しています。福利厚生も、上場企業と遜色のないレベル。社員旅行は、年1回、全社員で楽しんでいますし、優秀社員には、ビジネスクラスの飛行機で行く海外旅行もあります。これらも、とても好評ですね。

しかし、完璧な組織や会社というものは、どこにも存在しません。これからも、さらなる改善を図りながら、より良い会社づくりをしていきます。だからこそ、みなさんには当社で成長できることを信じて、この環境に飛び込んできてほしい。みなさんの若い力こそが、東京日商エステムがさらに躍進していくためのエネルギーになります。みなさんとお会いできることを、楽しみにしています。

新卒社員へのメッセージ

有言実行が大切。私も大事にしている姿勢です。無言実行では、たまたま遂行できたに過ぎません。ビジネスの世界は、やりたいことや実現したいことを明確に示して達成したほうが早い成長を遂げることができます。

そして、先輩や同僚に遠慮するのではなく、「能ある鷹は爪を出す」こと。謙虚さや探究心、向上心を持ちつつ、成長と成功を自分の意志でつかみとってほしいですね。

(2017年10月更新)

プログレスバー

0%